条件と価格の折り合い

条件と価格の折り合い

嫁の実家の両親と、私以外の家族は一緒に住んでいました。

もう、自宅に戻るつもりは無いという話でした。

実家の建替が第一希望でしたが、
90平方メートルしかない土地に二世帯住宅を建てるのは無理です。

ある程度の土地の広さがないと、広い家は勃たないわけで、
希望の家を新築すると、5000万円は超えてくる計算に。

私自身が若くて、20年以上、二世帯で暮らすのであれば新築を選択肢。

でも、子供も下の子が二十歳ですから、
大家族で暮らすのは、数年です。

築10年の中古物件。
二世帯住宅なので、金額は高かったです。
価値が無いと言うのでは無く、
築浅の物件だったので、建物評価も高く
買うことに、少しためらいはありました。

築20年くらいで、安い物件の方が、
買いやすいと思っていました。
3000万円くらいで買えるが理想でした。


でも、今は、
売却することを考えると、
築10年で総額4200万円くらいで良かったと思っています。

金利が安くなったので、思っていたより、
月額の支払いは少ないです。
住み続けると72歳まで支払いは続きますが。

10年で住み替える時には、
自分が買いたいと思っていた金額になりそうなのです。

売る時に、自分が買いたい金額になっているのは、
売りやすいのではないかと思っています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。