二世帯住宅 リフォーム

二世帯住宅 リフォーム

親世帯が住んでいた家をリフォームして、
二世帯住宅の間取りに変更することを考えている方も多いと思います。

最初から二世帯住宅にすることを考えて建てた家であれば
問題は少ないのですが、
お風呂やキッチン等を後から増やすのは費用がかかります。

玄関も一つであれば、家族の人数が増えるので、
収納力が足らなくなってしまう場合が多いです。

リフォームするのであれば、
親世帯は、荷物の大半は捨てる覚悟が必要です。

同居される方の為に充分な収納スペースを
確保される必要が有ります。

住み慣れた場所で暮らしたいという、気持ちもわかりますが、
その後起こる、様々なトラブルを考えると、
私は、二世帯住宅にするならば、住み替えるのが良いと思っています。

お互いに、新しい場所に住む方が、
譲りあうことが出来、トラブルは少ないかと思います。

住み替える物件を二世帯住宅にリフォームするのであれば
良いと思います。

今住んでいる家をリフォームする場合は、親世帯よりも、
子世帯が住んでいる家をリフォームして同居するのは
良いと思います。

建てた時期が新しい方が良いと思います。

親世帯の家をリフォームする場合は、
2階は、完全に子世帯専用にするなど、
予めルールを作った方が良いと思います。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|