戸建て中古住宅で建物コストを下げて二世帯住宅に住む

戸建て中古住宅で建物コストを下げて二世帯住宅に住む

戸建て中古住宅の一番の魅力は、新築住宅に比べて
価格が安いことです。

建物面積が広く、設備も2つ必要な二世帯住宅は、
建物コストが掛かります。
新築住宅では、4000万円掛かる物件も、
中古住宅では2000万円。

2000万円、安い価格で買うことが出来れば、
二世帯で返済することが可能であれば、
単独で住むより、コストが下がる可能性もあります。

狭い敷地でも、効率良く建っていれば、
土地のコストも下げることも可能です。

土地・建物 両方のコストが下がれば、
買いやすく、
また、数年後 売却もしやいのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。