二世帯住宅 住み替えコスト

二世帯住宅 住み替えコスト

二世帯住宅に限らないのですが、
住み替えにはコストが掛かります。

それぞれ別の世帯に住んでいて、二世帯住宅に住み替える場合は、
単世帯の住み替えより、多くの費用が掛かりますし、
どちらも持ち家の場合、
売却または、賃貸にする物件が二つ。
購入する二世帯住宅が一つ。

全部で3つの賃貸か、売却の契約が必要になります。

私の場合は
築15年と築30年の戸建て住宅の売却と
築10年の住宅の購入を行いました。

住み替えコスト
売却する物件で掛かる費用
・不動産売買契約の印紙代
・住宅ローンの繰上げ返済手数料
・抵当権の抹消費用
・仲介手数料
・クリーニング・修繕メンテナンス費用
・敷地が確定していない時は、境界確定費用
(戻ってくるもの)
・固定資産税
・火災保険料
・ローン保証料

購入する物件で掛かる費用
・不動産売買契約の印紙代
・仲介手数料
・固定資産税の精算金
・登記費用
・住宅ローンの印紙代
・融資手数料
・ローン保証料
・火災保険料

それ以外に掛かる費用
・引越し費用
・廃棄処分費用
・カーテン・エアコン購入費用
・照明器具・家具・家電購入費用


リフォーム費用
すぐには、掛からないものも含めて
メンテナンス費用が掛かります。

間取り変更、バリアフリー化等をすると
大きな金額を準備する必要があります。






親世帯の不動産の処分とその後
親世帯の不動産の処分とその後 築30年の建売住宅に住んでいた、妻の両親の家。 二世帯住宅に住むことに決めてから、売却しました。 土地面積、104.17平方メートル。 道路との接道が2メトールちょっと。 普通車がぎりぎり車庫入れ出来る寸法です。
子世帯の引越し
子世帯の引越し 引越しだけ、荷物運搬だけのコストであれば、15万円くらい。 トラック2台です。 エアコンの増設や照明器具新規購入等にお金が掛かりました。 後は、親世帯と同じように、廃棄物処理費用で10万円程。 これは、物件売却に掛かる部分
親世帯の住み替えコスト 引越し
親世帯の住み替えコスト 引越し 二世帯住宅の引越しは、2箇所からの荷物の搬入です。 床面積の広い、二世帯住宅ですが、 2件分の荷物を入れることは出来ません。 親世帯は、30年住んでいたので、不用な物が多かったです。 引越しまでに処分をして