二世帯住宅 価格

二世帯住宅 価格

二世帯住宅は、単純に考えると2軒分の費用が掛かります。

私の購入した二世帯住宅は、元々2区画の分譲地を購入して
二世帯住宅を建てています。
建物の面積も183.50平方メートルで、
近隣の住宅の2軒分の広さです。

新築時の価格は、建物登記簿謄本から推測すると
6400万円程度。
やはり、2軒分のひようが掛かっています。

中古二世帯住宅として、購入したのが
諸費用込みで4200万円くらい。

築10年の二世帯住宅を3分の2の金額で購入した計算です。

中古の二世帯住宅を購入を検討する時の一つの目安になると思います。

築年数が20年以上の物件の場合、
安く購入出来ますが、設備の更新、
リフオーム費用が掛かります。

二世帯住宅の設備の更新は
倍掛かります。

エコキュートも2台あり、
キッチン・トイレ、お風呂も2つ。
エアコンの台数も8台

メンテナンス費用も2倍掛かると考えた方が良いです。


二世帯住宅の価格は高いのか
二世帯住宅の価格は高いのか 新築で建てると高いのです。 気に入った間取りで無くても 広い中古住宅であれば、問題なく暮らせます。 二世帯住宅は、親の家を解体して建てるケースもあります。 広い土地を購入して、そこに建てる場合もあります。 妻
二世帯住宅 価格
二世帯住宅 価格 土地の購入を含めて、新築二世帯住宅を建てようと思うと、 価格が気になります。 私は、中古の二世帯住宅を購入しましたが、 売り主の方は、 土地の購入・二世帯住宅の新築を行っています。 土地は2区画で分譲予定の敷地を購入し