二世帯住宅のメリット

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅のメリットは、経済面でメリットが協調されています。

既にある土地の上に建てるから、
土地の取得コストが掛からないとか。

それは、本当にメリットなのでしようか?

元々資産を持っていた人が、
必要資金のうち、過分に負担するに過ぎないと感じています。

たてものを建てるコストで言えば、
基礎と屋根は、
2つの家を建てるより、安くなる可能性はありますが、
設備等は、同等のものを建てれば一緒になります。

見た目は、広い土地・広い建物の分
立派に見えますが、世帯あたりの負担額はさほど変わらないと思います。

二世帯住宅はメリットより、
その暮らしをする、
同居するメリットがあるかどうかの判断になるかと思います。

経済的なメリットを考えて、取得すると、
こんなはずでは無かったと言う、後悔が出ると思っています。

高齢化社会が進むと二世帯住宅の需要は増える
高齢化社会が進むと二世帯住宅の需要は増える 親の家を売却。 自分たちが住んでいた家を売却。 2件の家を売却して、中古の二世帯住宅を購入しています。 親の家 90平方メートル 自宅 132平方メートル 二世帯住宅 188平方メートル
二世帯住宅に住んで夏に楽になったこと
二世帯住宅に住んで夏に楽になったこと 夏の休日。 それぞれ部屋でエアコンを使うと、電気料金が増えて行きます。 ある一定の気温を超えると、窓を開けても、室温は下がらない状況です。 エアコンを使うことで、室温を下げるしか、 快適に過ごす方法はあり
狭い敷地に建つ二世帯住宅
狭い敷地に建つ二世帯住宅 2つの住戸を建てるより、総二階で二世帯住宅を建てる方が、 使う土地の面積は小さくなります。 建ぺい率50% 容積率100%の地域では、 200平方メートルの敷地面積があれば、 180平方メートルの二世帯住宅を建てるこ
土地面積が減ったメリット
土地面積が減ったメリット 240平方メートルから220平方メートルに 土地の面積が狭くなりました。 建物が大きく、駐車スペースも3台。 庭の大半は、コンクリート舗装です。 この暑くて、雨の多い時期。 一番のメリットは、庭の手入れが簡単な
高齢化が進むと二世帯住宅の需要は増えると考えています
高齢化が進むと二世帯住宅の需要は増えると考えています 高齢化、単世帯化が進んでいると言われています。 結婚して、子供を育てても、 子供が独立すれば、夫婦2人に。 どちらかが亡くなれば、一人暮らしになります。 都心に勤める子供夫婦がいる場合
親世帯に貸しているイメージがあります
親世帯に貸しているイメージがあります 家賃を受け取っている訳ではありませんが・・・ 本来、掛かる家賃を支払わなくて良い感じです。 単独世帯、二つであれば、 家賃の支払いは二つになります。 1件分の住宅ローンで、二世帯住宅を買えるとすれ
二世帯住宅 年末調整
二世帯住宅 年末調整 年末調整での還付金が30万円近い金額になりました。 住宅取得控除は、まだ申請していません。 還付金の大半は、扶養控除額の変更です。 老人扶養親族の同居老親等にあたり  一人に付き58万円控除になります(70歳以上
二世帯住宅中古のメリット
二世帯住宅中古のメリット 嫁の実家を建て替える案もありましたが、 高齢の両親と住む時間は限られています。 子供達が小さい頃であれば、 新築の二世帯住宅で30年暮らすの現実的な選択ですが、 20歳を過ぎた子供達とも、一緒に住む時間は、 短い可