土地面積が減ったメリット

土地面積が減ったメリット

240平方メートルから220平方メートルに
土地の面積が狭くなりました。
建物が大きく、駐車スペースも3台。

庭の大半は、コンクリート舗装です。

この暑くて、雨の多い時期。
一番のメリットは、庭の手入れが簡単なことです。

雑草の生えて来るスペースも、
ほとんどありません。

防草シート貼ってあるスペースが一部ありますが、
月1回程度の作業で済みます。

定期借地権付住宅の庭は、
道路側、バックヤード側も
広く、管理が大変でした。

この時期、草花がどんどん伸びました。
憧れていた、広い庭ですが、
時間が取られるのです。

日本の場合、外の作業が気持ち良いのは春先だけです。
5月頃から、暑さが厳しくなり、
梅雨の時期の作業は、重労働になります。

近隣の住宅は、コンクリート舗装の庭が多いですが、
少し歩けば、畑や緑地は広がっています。
自分の家に無くても、良いものだと
今は思っています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。