高齢化が進むと二世帯住宅の需要は増えると考えています

高齢化が進むと二世帯住宅の需要は増えると考えています

高齢化、単世帯化が進んでいると言われています。

結婚して、子供を育てても、
子供が独立すれば、夫婦2人に。
どちらかが亡くなれば、一人暮らしになります。

都心に勤める子供夫婦がいる場合でも、
親世帯とは、違う方面では無く、
近い場所に住んでいることが多いと思います。

親が60代であれば、同居の必要性は感じませんが、
70代、80代になると、フォローが必要なことが増えてきます。

近くに住むことで、解決出来る場合もありますし、
出来れば、気兼ね無く暮らせる二世帯住宅があれば・・・・

ある程度、生活が分けることが出来る二世帯住宅。
完全分離型では無く、一部共有スタイル。
外階段をつけて、分離できるスタイル。

二世帯住宅に住みたい方は、今後増えてくると思っています。
新築で建てるとなると大変です。
既存の二世帯住宅を探す方。
絶対数は少ないですが、
ニッチなニーズかも知れません。

標準世帯型が減り、単身世帯、二世帯が増えると予想しています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。