親世帯(子世帯)からの家賃収入

親世帯(子世帯)からの家賃収入

世帯の年齢構成によっては、
どちらかが、ローンを組んで支払いをすることになります。

中古物件で二世帯住宅を購入する場合、
子世帯がすべてローンを組むこともあります。
その場合,親世帯から、家計費をいただく、
一部負担してもらうことも出来ます。

考え方としては、二世帯分の家賃なり、帰属家賃があり、
物件を購入した費用・ローンの支払いがあるということ。

購入費用が単独世帯と変わらないのであれば、
一世帯分の費用が浮くことになります。

完全分離型の二世帯住宅を購入して、
別世帯を賃貸に出している方もいます。

ローンの支払いが楽になるのであれば、
その負担分で、不動産投資をすることも可能になります。

二世帯住宅のローンの返済を早くする方法もありますし、
ワンルームマンションを購入して、
入居者の支払いと、返済余力分を繰り上げ返済して、
収支を大きく改善させる方法もあります。

住宅ローンについては、住宅取得控除を使うので、
残高を減らしたくない場合もあります。
また、金利も今なら1%以下。
団体生命保険も付いているので、
減らす必要性はありません。

都内にワンルームマンションを購入すると、
実質利回りは4%前後。
ローンの金利は、1.65%。

住宅ローンより、1%程高いので、
ワンルームマンションを繰り上げ返済して行くほうが
金利負担が大きく減ります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。